ペニトリンの副作用

化学成分なし

ペニトリンの副作用とはどんなものがあるのかですが、事実上、指定の用法用量を守って服用する限り、注意すべきような副作用はほとんどないと考えて構いません。これは成分からみてそのように考えられるからで、天然にも存在する成分、カプセルを作るために一般的に広く使われている成分しか使われていません。

 

 

化学合成された成分は含まれていませんから、思いもよらない副作用が起きる可能性はほとんどないと考えられるのです。

 

 

ペニトリンの主成分は、アルギニンとシトルリンです。どちらもアミノ酸の一つで、血流を増加させる働きがあります。もちろん天然にも存在しています。その他の有効成分として、亜鉛、ポリフェノール、カルシウムが含まれています。

 

 

亜鉛もカルシウムも私たちの体には欠かせないミネラルですし、ポリフェノールも一般的に多くの植物に含まれているものです。

 

 

これらの主成分、その他の有効成分は、私たちが普通に口にする食事中にも含まれています。含まれています、などというのは実はあまり適切でない表現で、むしろ本来は食事から十分に摂取できるのであればそれに越したことはないのです。

 

 

このように、ペニトリンの成分は、むしろ積極的に摂取したい成分ばかりですからまず副作用の可能性はありません。

 
【ペニトリンの特典付き特別キャンペーンサイト】
>>https://ototsuya.com/特設キャンペーン