ペニトリン効果ある?効かない?各成分の効果を検証

ペニトリンの効果って?大丈夫?

ペニトリンの効果について説明してまいります。

 


「ペニトリン」は、米国・タイで大きく長く売れている天然植物由来のペニス増強サプリです。

 

現在、販売実績は米国・タイ合わせて100万個を超えています。

【公式の詳細】

https://ototsuya.com/特設キャンペーン

ペニトリンの成分的な裏付け

話題のペニトリンですが、その効果の裏付けを問われて、正しく答えられる人は多くはないでしょう。

 

体内に入れるものですからその成分を正しく理解し、なぜ効果があるのかを知っておく必要があります。

 

まず、ペニトリンの成分とはなにかを見ていきましょう。

 

L-アルギニンが最も多く含有されています。

これは成長ホルモンや男性ホルモンの生成、分泌を促すアミノ酸です。
男性ホルモンは性欲を増強させる効果をもっています。

 

その他のアルギニンの効果では
疲労回復、血流改善、抗加齢、ダイエット、免疫力強化などがあります。

 

理想的なアルギニンの一日の摂取量は、

  • 通常3000mgから6000mg
  • 激しい運動を伴う人であればなら10000mg

までとなります

 

しかし、L-アルギニンだけではペニスへの直接的影響はあまりありません。

 

そこで注目されるのがL-シトルリンという成分です。

アミノ酸の一種で「スーパーアミノ酸」とも呼ばれます。

 

シトルリンの効果では
血流改善、精力増強、疲労回復、冷え性改善が確認されています。

 

さらに
血管を強く丈夫にする働きをするので筋肉繊維そのものが太くなり、筋肉増強に効果があります。

 

そして
L-アルギニンと同時接種することで、下半身への血行促進効果が認められています。

 

血管を膨張させる役割を担うので、これが実質的にペニスの勃起の効果を促します。

 

一日最大摂取量は800mg程度となっています。

 

亜鉛も含まれています。

亜鉛もまた、単体で直接的にペニスに影響を及ぼすものではありません。

 

亜鉛は精子の生成を助ける栄養素で、男性の健全な性欲をサポートする役割を担っています。

 

しかしながら
摂取した70%が排出されてしまうとも言われており、
シトルリンやアルギニンなどとの併用摂取が望ましいとも言われています。

 

一日最大摂取量は成人1人当たり約15mgとされています。

 

 

ペニトリンは
アルギニン+シトルリン+亜鉛の相乗効果よる増大をねらうサプリとなります。

 

最後にポリフェノールです。

ポリフェノールは血液の中に潜む、悪玉菌を退治してくれる役目を果たしてくれます。

 

精力剤と聞くと、下品なイメージを抱く人もいますが、性欲というのは生物が当然持つべき大切な能力です。
子孫を残すためには健全な身体が必要です。

 

その点に着目し、ペニトリンには主に天然由来の健康的な成分が多く含有されているようです。

 

ペニトリンのライバル「ゼファルリン」との成分比較

ペニトリンとゼファルリン、それぞれ性欲増強や精力剤として高い効果を発揮するサプリメントです。
価格としてはペニトリンが手にしやすくなっていますが
果たして成分的にはどうなのでしょうか?

 

それぞれ、どのような成分から作られているのか、ペニトリンとゼファルリンの成分を比較しました。

 

・ゼファルリン公式サイト
http://ゼファルリン.com/

 

・ペニトリン公式サイト
https://ototsuya.com/特設キャンペーン

 

まず、共通する成分が幾つかあります。

 

どちらのサプリメントでもメインとなっている、シルトリンという成分です。

 

これはアミノ酸の一種であり、血管を膨張させて健康な血流を生み出す効果があります。

 

ここでポイントとなるのが、シトルリンは単体ではなく他の成分と合わせる事で、効果が増大するというところ。

 

 

ペニトリンとゼファルリンの成分を比較しましたが、
実際にシトルリンと合わせると効果が高まる成分がそれぞれ含まれていました。

 

 

ペニトリンにはアルギニンというホルモンの分泌を促進する成分、
ゼファルリンにはトリプトファンという、シトルリンと合わせる事で効果を高める成分が配合されています。

 

このように、どちらもメインとなる成分は、同じような働きを持っている事がわかります。

 

その他の成分を比較しても、効果的に同様となる成分がありました。

 

ポリフェノールの違い

ゼファルリンに含まれるレスベラトロールはポリフェノールの一種、対してペニトリンの成分の中にはポリフェノールがそのまま含まれています。

 

アルギニンの違い

また、精力剤にとってお馴染みの成分、アルギニンも同様に含まれています。

 

ゼファルリンでは朝鮮人参を配合していますが、これは大量にアミノ酸を含む物です。

 

一方ペニトリンにはアルギニンがそのまま配合されています。

 

男性ホルモンの分泌を増進する作用があるため、必要不可欠な成分の1つです。

 

成分的な安全性は?

他の成分内容から見ても、配合されている成分自体は違いがありますが、
作用はどちらも性欲増進や細胞の増殖等、精力剤として高い効果を発揮する内容になっています。

 

こうして両方の成分を比較しましたが、効果が似た成分を含んでいるのがわかります。

 

比較的、ゼファルリンの方が、天然成分が多いように感じますが、
ペニトリンも海外で高評価を得ているほど天然由来成分にこだわっています。

 

精力剤としての効果はどちらも強力な内容でできています。
どちらも人体に害のない物を使用しているので、安全です。

ペニトリンの口コミって?

実は

 

ペニトリン効果口コミで多い感想とは、「効果があった」と言うものが非常に多く寄せられています。
効果については個人差があるものの、ほぼ100%の口コミが「効果があり」と言うものです。

 

もちろん、あんまり効果なかった。。。
といった感想もありました。

 

 

ペニトリンのセールスポイントとなっているのは、すぐに6cm大きくなると言ったものです。
ただ、実際に使用した人の感想を見ていくと4cm程度が平均的な増加量と言うところです。

 

 

とは言え、年代によっては成長が望めないとされている状況もあります。

 

 

しかし、そんな状態(40代など)であっても数か月で4cmのサイズアップを実現できたという口コミが寄せられている為、その効果自体はゆるぎないものだと言って良いでしょう。

 

 

4cmと言えど、親指くらいの長さあります。

だから、ホントに効果あんの?

少なくとも、安い価格で購入できるようなサプリメントと比べて「医学的根拠がある」と言うだけでも、十分な価値がある商品だと評価する人が多くいる状況です。上記例では「成長が望めない年代」を取り上げましたが、10代〜20代などの成長が十分に見込める状態で使用した場合には、更に大きな効果が発揮されるという期待が持たれています。

 

 

40代で4cm増大と言う実例があるという事は、10代などが恒常的に使用していけば「欧米人並み」のペニスサイズに達する可能性は十分にあります。ペニスサイズだけが男性の魅力ではありませんが、コンプレックスになり得る重要な問題でもある以上は、「効果がある」というだけでも男性にとっては嬉しい商品となっています。

 

 

当サイト編集部でも愛飲者がおりますが
人間離れしたサイズにはなってませんのでご安心くださいww

 

ペニトリン飲み始めて1ッ月。
約2.9cm増のようです。

 

コンプレックスが消える程度だと思って良いかと。

 

ペニトリン限定キャンペーンページはこちらです。お間違えなく!
https://ototsuya.com/特設キャンペーン

 

ペニトリンの特徴

そんなペニトリンの効果評価は非常に高く、
「誰もが確実にペニス増大を実現できる」と言った触れ込みで販売されているほどです。

 

まとめ買いが多いのもペニトリンの特徴です。

 

ペニス増大に効果がある「L−シトルリン」やアルギニンなどを多く含有し、医学的根拠に基づいて調合されていることが効果の高さを裏付けているものであり、しっかりと効果が出ていることで人気が爆発しているという状況です。

 

もちろん個人差がありますので確実性とは言い切れません。
こういう場合はペニトリン効果のリアルな口コミが頼りです。

ペニトリンの効果的な飲み方は?

ペニトリンは、男性の悩みを解決させる増大サプリとして知られています。アメリカやタイでは日本より早い段階で販売されていましたが、両国の累計で100万個以上の販売実績があるなど高い人気を証明しています。

 

特徴としては全部で10種類の増強成分が入っており、そのどれもが植物由来であるということです。副作用がなく服用のリスクもありません。長年モニター試験が行われ改良が進められただけあり、ある程度年を重ねた男性でも効果が期待できます。

 

効果的な飲み方は、ケースによって変わります。たとえば短期的に強く大きくしたい場合は、1日6錠を朝昼晩の3回に分けて飲むといいでしょう。もしも継続して徐々に効果を得たい場合は、1日2錠ほどを目安にしましょう。植物由来で負担がほとんどないため、飲む人それぞれの考えに適応させることができます。それでもやはり飲み過ぎは良くないですから、計画的に消費してください。

 

基本的に飲むタイミングはいつ飲むようにしても構いません。ただある程度等間隔で飲む時間を空けた方が、安定して成分を取り入れられます。飲めるときに飲むというスタイルを基準に、可能であれば何時間空いたか意識してみましょう。

 

もちろん何と一緒に飲むのかも大切ですが、ペニトリンは水で飲むのが一番です。通常のサプリメントと同じ感覚で、決して噛んだり舐めたりしてはいけません。お茶やジュースも好ましくありませんから、コップ1杯ほどの水と一緒に飲むようにしてください。水は多少飲みすぎるくらいでも大丈夫です。

 
更新履歴